■Innocent Crystalのこだわり■

オープンのきっかけ

 


私は約10年間、天然石の輸入卸の会社に勤めておりまして、
全国のパワーストーンショップや雑貨店・お土産屋・百貨店・エステサロンなどに
天然石のアクセサリーやビーズ・原石・雑貨などを卸売する仕事をしていました。

天然石の輸入会社で働く前は、天然石とは無縁のシステムエンジニアを6年ほどしていて、
主に通信インフラ(携帯電話やデジタルテレビ)のシステムを作る仕事をしていました。
その後、ご縁があり天然石の輸入卸会社でホームページを作る仕事をさせていただき、
はじめて天然石というものにで出会いました。

最初はホームページ・ネットショップを作る仕事をメインにしていたのですが、
小さな会社でしたので様々な仕事をするようになり、
会社が成長すると共に営業をメインで担当するようになりました。

全国のお客様(小売店)のところに大量の天然石を車で持っていき営業したり、
年間10回以上の展示会で販売したりと、忙しい日々でした。

しかし、綺麗な天然石を見て触れることができ、
新しい石が入荷するたびにワクワクできる楽しい仕事でもありました。
また、天然石の商売を通じて、全国の色んな方との素敵な出会いがあり、
それは今も私の大切な財産となっております。

ただ、会社の一員として天然石を販売していると、
ときには自分の意思に反したものを販売したり、
売りたくないお客にも販売しないといけないときもありました。


「自分の納得した美しい天然石だけを、世界中の人に届けて喜んでもらい。」


そんな単純な思いから、Innocent Crystalを立ち上げることにしました。


 

 

4つのこだわり

 


1.専門店だからできる高品質な天然石

天然石のメーカー・卸会社には、
「A社は、ラリマーは綺麗だけどルチルクォーツは良くない。」
「B社はラピスラズリだけ特に綺麗だ。」
「C社は安いけど、品質が良くない。着色してるときもある。」
など、それぞれ会社の特徴があります。

約10年間、天然石の輸入卸会社に勤めてた経験を活かし、
信頼ある国内外のメーカー・卸とのネットワークを構築しました。
信頼できるメーカー・卸会社から、高品質な天然石を厳選して仕入れています。


2.プロの厳しい目で見て仕入れ

高品質な石になればなるほど、石の目利きが重要になってきます。
「このラブラドライトは綺麗だけど、この品質にしては高い」
「このムーンストーンは、レインボーにシラーが出ているので、ホワイトラブラドではないか?」
「ルチルの針が綺麗だけど、染めてないか」
など、石によって見るポイントが違います。

また、同じ種類の石でも、産地によって個性が違い、本当に良い石か判断するには、沢山の経験が必要です。

天然石の輸入卸会社で10年間、世界中の石を見てきましたので、本当に良いものだけを厳選して仕入れています。


3.厳しい品質管理

厳選して仕入れてきた石でも、その中には、割れてたり、凹んでいたりする石が、必ず混入しています。
下手すると、ビーズを1連50粒仕入れても、20粒しか使えない場合もあります。
なるべくロスがでないように仕入れても、欠点のある石の混入は避けれません。 

仕入れた石は全て検品をし、納得のいく石だけを使用しています。


4.既製品にはない希少性

Innocent Crystalの商品は、ほとんどの商品が1点モノで、
多くても数点程度しか作れないものです。
一度売り切れると、再入荷も難しい希少性の高い石もございます。
また、ハンドメイドの為、制作にも時間がかかります。

商売としては、決して効率的とはいえませんが、
大量生産品には無い、ハンドメイドならではの味わいを感じていただき、
長く愛され使っていただける商品を一点ずつ制作してお届けします。